partenza_@@ のすべての投稿

織り方の世界②

 

 

 

パルテンツァ札幌店がお送りするスーツの豆知識ブログでございます。

 

 

 

今回のブログでは「織り方の世界①」の続編を書いていきたいと思います。

 

 

「織り方の世界①」に関しまして下記のURLからご覧ください。

↓↓↓

 

 

織り方の世界①

 

 

 

織り方によって様々な性質をもつ生地。

そんな面白さをお伝え出来たのならブログ冥利に尽きます。

 

 

 

さて、前回は”平織”に関してご説明させていただきました。

続編である今回は”綾織”に触れていきたいと思います。

 

 

・綾織とは


まずは綾織の概要から紐解いていきましょう。

 

 

綾織という生地の織り方は秋冬に多く見られる織り方になります。

(なぜ、秋冬に多く見られるのかという疑問は後半でお伝えします。)

 

 

また、呼び方として

 

 

  • 斜文織
  • ツイルウィーヴ

 

 

の三種類があります。

 

 

これらの名前から綾織の特徴を紐解いた読者の皆様。

お見事でございます。

 

 

 

そうです、綾織の特徴としては

「表面に斜めの畝状の筋が走って見える」ということが言えます。

 

 

 

まさに”斜文”ですね。

 

 

わかりやすく画像を添付致します。

↓↓↓

 

いかがでしょうか。

このような織は実際にスーツなどの生地をよく見てみるとわかります。

 

 

 

・綾織の織り方


そもそも生地というものは

経糸、緯糸を組み合わせて織られるのです。

 

 

基本、綾織ではこの組み合わせが

 

 

 2 / 2 

 

 

になります。

 

 

 

バランスが非常に良い織です。

経糸の密度を変化させることでこれに比例して畝状の線の斜度が変わっていきます。

 

 

他にも

2/1

1/2

3/1

3/3

3/2

 

 

と数多くあります。

 

例えると

・ヘリンボーン柄

・デニム

…etc

 

このような見た目の生地が綾織で織られているものです。

 

 

綾織の特徴


 

綾織の特徴といたしましては

結論から申し上げますと

 

 

暖かさが感じられる織り方

 

 

です。

 

 

では、なぜ綾織は暖かいのかを紐解いていきます。

 

 

前回、”平織”についてお話をしましたが

平織は前項の糸の交差比率を参考にすると経糸、緯糸1/1という交差をしております。

 

 

その為、平織の方が綾織よりも緯糸の交差回数が多くなります。

緯糸の交差回数が多くなることによって隣り合う糸同士が離れようとする性質があります。

 

 

つまり、平織というものは隙間が空く特徴があり通気性が良いというメリットが生まれるのです。

 

 

平織主体となってしまいましたが、

上記のことを踏まえて綾織の織り方は隙間が少なくなるのです。

 

 

隙間が少なくなることによって密度が濃くなり熱放射を防ぎ、暖かくなるということです。

 

Q.E.D.証明終了です。

 

 

と少し格好をつけましたが

綾織の特徴お分かりいただけたでしょうか。

 

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

本日は”綾織”に関しまして豆知識を綴っていきました。

 

 

なぜ綾織の生地が「秋冬生地です」と言われる理由がご理解いただけたかと思います。

 

 

生地の織り方に関しては残り一種類の織り方を次回紹介していきたいと思います。

 

 

 

ご来店の際にはこういった生地のお話など皆様にとって有意義なお時間をご提供させていただきたいと販売員一同心より感じております。

 

 

ぜひ、綾織で一着お仕立てしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ご案内


サローネ・パルテンツァ札幌店では只今、”事前予約制”となっております。

 

ご予約は当店ホームページの「予約」ページよりご希望の日時を選択の上ご予約のほどよろしくお願いいたします。

 

お電話でもご予約お受けしております。

 

また、ご予約なしのご来店の際は、お待ち頂く場合もございます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

10th Anniversary 

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

パルテンツァ札幌店でございます。

 

 

今回のブログは「サローネ・パルテンツァ」アニバーサリーセールのご案内になります。

 

 

10周年記念のご案内


平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

皆様のご愛顧により、「サローネ・パルテンツァ」は2022年2月に10周年を迎えることができます。

 

 

これもひとえに皆様のお陰と深く感謝申し上げます。

 

 

さて、この度弊店では10周年を記念致しまして、

2月19日まで“10th AnniversarySale”を行います。

(対象の在庫が無くなり次第終了終了致します)

 

 

 

セールの内容としましては以下になります。

 

 

スーツをご購入の方に

  1. 同生地ベスト
  2. オーダーパンツ
  3. オーダーシャツ(綿100%)&ネクタイ

 

 

上記3点のいずれかをお付けいたします。

 

 

なお、一部対象外の商品もございますので、予めご了承ください。

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

ご案内


サローネ・パルテンツァ札幌店では只今、”事前予約制”となっております。

 

ご予約は当店ホームページの「予約」ページよりご希望の日時を選択の上ご予約のほどよろしくお願いいたします。

 

お電話でもご予約お受けしております。

 

また、ご予約なしのご来店の際は、お待ち頂く場合もございます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

スーツの後ろデザインの選び方

 

 

明けましておめでとうございます。

皆様、新年いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

私はお正月おいしいものを食べ過ぎてしまい、

体重が少し増えてしまいました...。

 

 

 

と、そんな話は置いておいて、

皆様、改めまして2022年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

パルテンツァ札幌店がお送りするスーツの豆知識ブログでございます。

 

 

 

本日の豆知識はスーツの「ベント」(後ろのデザイン)についてお話ししていきます。

 

 

 

これを読めばスーツを購入する時の迷いがなくなります。

 

 

 

1.ベントとは


スーツにおいてベント(後ろのデザイン)は好みがわかれるディテールの一つです。

 

 

 

ベントというのは上衣後ろの割れている部分のことを指します。

既製品を取り扱うスーツ店はセンターベントが多い印象です。

(これはスーツを在庫として大量に仕入れないといけない為、工程数が少ないセンターベントを使用しているという説もあります。)

 

 

 

種類としては

 

 

 

  • センターベント
  • サイドベンツ
  • ノーベント

 

 

 

さて、一体なにが違うのでしょうか。

 

 

 

2.センターベント


センターベントというデザインは上の写真のように真ん中に切れ込みが入っているデザインのことです。

 

 

 

この形は皆様よくご覧になると思います。

このようなデザインの始まりはどういったものなのか。

 

 

 

ベントの起源を知るにはスーツの起源を語らなければなりません。

 

 

 

スーツは16世紀の英国の農民服である「フロック」から生まれました。

 

 

 

もともとはベントなどの”機能的”なデザインはありませんでした。

宜しいですか?

 

 

 

「機能的」

 

 

 

これを覚えておいて下さい。

 

 

 

話を戻しますと、

センターベントというものは貴族が乗馬をするときに

乗馬しやすいようにデザインされたものです。

 

 

 

 

つまり、”機能的”に作られたということです。

おおっと、こんな早い伏線回収は面白くありませんか?

 

 

 

文章構造に関しましては日々研究中であります。

 

 

3.サイドベンツ


上の写真をご覧ください。

 

 

 

後ろの両端切れ目部分が浮いているのがわかると思います。

 

 

 

スーツの後ろの両端が切れているデザインを「サイドベンツ」と言います。

 

 

 

 

前項で書きました、農民服は貴族だけではなく

軍服としても着られるようになりました。

 

 

 

 

その時に、兵隊はサーベルを帯刀していましたが

ここでも帯刀し易いように”機能的”に洋服の両サイドを切りました。

 

 

 

 

ここでも機能的に取り入れられたデザインが後世に続くデザインとなったのです。

 

 

 

4.ノーベント


上の画像は、タキシードの後ろデザインでございます。

 

 

 

こちらはベントがありません。

なぜならば、「機能性が必要ないから」です。

 

 

 

 

タキシードについては別ブログをご覧ください。↓

タキシードはもともと燕尾服というお話

 

 

 

 

タキシードという装いは夜間の正礼服でございます。

 

 

 

つまり、夜間(ディナー、パーティーなど)に帯刀する人も馬に乗る人もいなかったということです。

 

 

 

 

このことから、ベントはつけられませんでした。

 

 

 

5.デザインの選び方


さて、本題である「ベントの選び方」です。

 

 

 

ベントの選び方は私としては2種類あると考えております。

 

 

 

  • スーツのデザインから選ぶ方法
  • ファッション性から選ぶ方法

 

 

 

この2つです。

 

 

 

これまで幾度となく”機能性”という言葉が出てきましたが

現代では帯刀する場面も乗馬する場面もありません。

 

 

 

ベントの選択は上記の2パターンになると思います。

 

 

 

スーツのデザインから選ぶ方法は

着丈が長いか、短いかです。

 

 

 

 

上衣の着丈の基準は首衿からかかとの先の長さの半分です。

 

 

 

首衿からかかとの先までの長さが150㎝とするとスーツの上衣の丈は75cmとなるのです。これが基準となります。

この基準を考え、流行を読み短くするのかを考えていきます。

 

 

 

とどのつまり、上衣の丈を短くするのであれば”センターベント”の方がスタイリッシュに見え、格好良くなります。

 

 

 

サイドベンツは重厚感、優雅さが出て、雰囲気もどこか落ち着いたものになりますので上衣が基準の長さのスーツに合います。

 

 

 

 

ファッション性で選ぶという方法は

その時代ごとの流行でベントの種類を選択するという方法です。

 

 

 

 

今はサイドベンツが流行っているからサイドを選ぶ

センターベントが流行っているからセンターを選ぶといったように

流行を知り、デザインを決める方法も一つです。

 

 

 

6.まとめ


いかがでしたでしょうか。

ベントの選び方を書いていきました。

 

 

 

最後に全体のまとめですが

 

 

 

  • ベントを選ぶ際はスーツのデザインから選ぶ
  • 流行で選ぶ
  • 最終的には好み

 

 

 

 

最終的にはご自身のお好みで選択するのが良しとされておりますが

その中でもそれぞれの特徴を知っておくと選びやすくなります。

 

 

 

 

ぜひ、今回のブログを参考にして世界で一つのスーツを仕立ててみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ご愛読ありがとうございました。

 

 

ご案内


サローネ・パルテンツァ札幌店では只今、”事前予約制”となっております。

 

ご予約は当店ホームページの「予約」ページよりご希望の日時を選択の上ご予約のほどよろしくお願いいたします。

 

お電話でもご予約お受けしております。

 

また、ご予約なしのご来店の際は、お待ち頂く場合もございます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

年末年始営業日のお知らせ

 

 

こんにちは サローネ・パルテンツァ札幌店 黒山でございます。
今年も残り僅かになりました。
1年間、当ブログへお越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

年末年始営業時間のお知らせ

 

  12月28日 10:00 ~15:00

    12月29日~1月4日  休業日

   1月5日~ 通常営業

 

 

 

2022年 素敵な1年になりますようお祈りいたします😄

タキシードはもともと燕尾服というお話

 

 

パルテンツァ札幌店がお送りするスーツの豆知識ブログでございます。

 

本日は、前回「タキシードの世界」でお送りした内容の続きについて綴ろうと思います。

 

 

「そもそもタキシードを着用する場面が分からない」

「タキシードについては深く知らない」

 

 

そのような疑問を抱えている方が少なくないと感じております。

 

今回のブログでは疑問を解決させていただきます。

 

・前回のおさらい


前回、「タキシードは燕尾服の後ろを切りくつろげるようにしたジャケットが起源」と紹介致しました。

 

 

現代においても稼働しやすいような生地を用いて作られた洋服、超軽量化スーツなど、服は用途によって進化しておりますが、昔も同じようです。

 

 

礼服だと過ごしにくい、リラックスできないということから人の手を加え、

「ラ・スモーキング」というくつろぎながら煙草を吸えるような形を作りました。

 

 

さて、今回はこの先のお話です。

 

・スモークからカウズへ


「ラ・スモーキング」と言われるタキシードの先祖は当時の英国皇太子エドワード7世を虜にします。

 

エドワード7世はこの服をリゾート地にも持ち込み、夜間にも着るようになりました。

 

ここから「ラ・スモーキング」→「夜間に着るもの」と認識が広まり、

リゾート地の名前にちなみ「カウズ・ジャケット」と呼ばれるようになるのです。

 

 

そして、この「カウズ・ジャケット」はディナーコーデとなったのです。

「カウズ・ジャケット」こそ後々”タキシード”と呼ばれるようになります。

 

 

・アメリカでもタキシードが誕生


1886年10月10日にアメリカ・ニューヨーク州の「タキシード・パーク」にて当時の上流階級者により「タキシード・クラブ」というパーティーが開かれました。

 

 

そのパーティーに参加していた主催者の息子が燕尾服の後ろをバッサリと切り落とし、会場に現れました。

 

 

それだけではありません。後ろを切り落とすだけでなく、ジャケットの色は真紅、

側章付きの黒いパンツを履いていました。

 

 

この斬新な恰好が話題となり、1890年代のニューヨークを中心に広まっていきました。

 

ここからアメリカのタキシード文化が生まれたとされています。

 

 

・タキシードの着用場面


最後にタキシードの着用場面についてのお話を綴りたいと思います。

 

 

現在、一般認知としてタキシードの着用場面は夜間となっております。

もう少し詳細に紹介しますとパーティーや式典、ディナーなどで使用致します。

 

欧米では招待状に『「ブラック・タイ」で参加』と記載があれば

「ブラック・タイ」=「タキシード」となるのでタキシードを着用しての参加になります。

 

ただ、日本ではパーティーや式典などの催事・慶事はそう多くはありません。

 

記念日の夕食の場で着るなど、日々を彩るようにタキシードを着用するのも良いかもしれません。

 

 

・まとめ


以上がタキシードの概要になります。

タキシードについてはもっと奥深い知識が多く眠っておりますが

 

今回のブログで話してしまうと一冊の本ができるくらいのページ数になってしまいますので、別の記事にて綴っていきたいと思います。

 

パルテンツァ札幌店では「タキシード」のオーダーも可能ですので

ご興味がございましたらスタッフにお声かけ下さい。

 

私たちはお客様のお声に真摯に向き合って最高の一着をご提供したいと思います。

 

 

ご案内


サローネ・パルテンツァ札幌店では只今、”事前予約制”となっております。

 

ご予約は当店ホームページの「予約」ページよりご希望の日時を選択の上ご予約のほどよろしくお願いいたします。

 

お電話でもご予約お受けしております。

 

また、ご予約なしのご来店の際は、お待ち頂く場合もございます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

織り方の世界①

こんにちは、サローネ・パルテンツァ札幌店でございます。

 

 

札幌は12月に入り、そろそろ雪が積もるのではないかと毎日びくびくしながら
皆様をお店でお待ちしております...。

 

 

 

 

さて、今回のブログでは
スーツの要である、生地の織り方についてブログをご覧いただいている
皆様にご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

生地の織り方には三種類ございます。

 

 

 

1.平織

2.綾織

3.朱子織

 

 

 

 

まずは夏によく用いられる「平織」

をご紹介いたします。

 

 

 

 

「平織」の特徴としては
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に一本ずつ組んだ織り方で、

 

 

 

 

頑丈で滑りにくく、通気性が良いです。

 

 

 

 

冒頭でもお伝えしましたが
夏用のスーツやワイシャツでよく使用される織り方でございます。

 

 

 

 

ちなみにこちらが平織の生地です。
↓↓↓

 

 

 

 

織り方ひとつでスーツの表情が変わっていきます。

 

 

 

 

 

気になりましたら、ぜひサローネ・パルテンツァ札幌店にお越しください(^^)
皆様のご来店心よりお待ちしております。

フォーマルシーズン到来

タキシード豆知識①

 

いつもパルテンツァ札幌のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今回はフォーマルシーズン到来ということで
ディナーシーンの礼服であるタキシードについて深堀していきたいと思います!

 

 

タキシードについて深堀をしていくブログ記念すべき第一回目のテーマは

 

 

「タキシードの誕生秘話」

 

”タキシード”のもとは燕尾服と言われております。

 

※燕尾服(えんびふく)とは・・・後丈が長くなってつばめの尾のようになっている服。そのほかにも細かいルールがあります…

 

 

英国紳士が煙草を吸い、くつろぐ時に燕尾服の裾(羽部分)をバッサリとカットしたことが始まりとされています。

 

 

このジャケットのことを「ラ・スモーキング」と言います。

 

 

 

このようにして礼服から崩されて「タキシード」というスーツが出来上がりました。

 

 

豆知識②ではなぜ「タキシード」が夜の正装になったのかをお送りいたします!

 

 

 

 

12月営業日のお知らせ

12月の営業日 札幌店

 

no-images

 

 

平素はサローネ・パルテンツァをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

12月の営業日について、札幌店は日曜・祝日・毎週水曜が休業日でございましたが、12月より通常営業に戻り、日曜・祝日休業に変更致します。

 

つきましては、12月より毎週水曜日の予約が可能となります。
お客様のご来店心よりお待ちしております。

 

ご注文またはお受取りの際には、引き続き下記の予約サイトまたは、お電話にてご予約をお願い申し上げます。

 

 

札幌店 予約サイト

 

 

誠に恐れ入りますが、予約サイトからのご予約の場合は予約完了メールの返信を持ちまして、予約確定とさせていただきます。

 

お急ぎでのご来店は電話にて対応させていただきますので、
宜しくお願いいたします。

 

12月より北海道は雪が降りお足元も悪くなりますが、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

5th Anniversary

こんにちは、サローネ・パルテンツァ札幌店の黒山でございます。

パルテンツァ札幌店は、11月1日で5周年を迎えます。

皆様への感謝の意を込めて、特別企画を開催致します

 

【特別企画】

11月1日(月)~11月13日(土)

*期間中日曜・祝日も営業しております。

国産服地使用    42,900円税込

(シングルスーツお仕立て上がり)

 

御幸毛織服地使用   63,800円税込

 

(シングルスーツお仕立て上がり)

インポート服地使用   74,800円税込

(シングルスーツお仕立て上がり)

このほか、お買い得生地をご用意いたしましたので

是非この期間のご来店お待ちしております。

コート早期受注会

コート早期受注会15%OFFのアイキャッチ画像

 

サローネ・パルテンツァでは 9月末までコートの早期受注会を開催いたします。

この期間コートをご注文頂くと通常価格から15%割引させていただきます。今期はチェスター、ラグラン、アルスター、バルカラー、ピーコートとお選びいただけるモデルが増えました。

(コートのモデル紹介はこちら)
生地に関しましても、全てではございませんが秋冬生地が入荷してきております。

8月9月の営業日について、東京店・大阪店・札幌店は
毎週水曜を臨時休業とさせて頂いております。不定期の休業もございますので、下記の予約サイトもしくは各店にご確認ください。
また、営業日に関しましても、ご予約限定で営業致しております。
ご注文またはお受取りの際には、下記各店舗の予約サイトにてご予約をお願い申し上げます。

札幌店 予約サイトhttps://airrsv.net/salone-partenza-sapporo/calendar/

誠に恐れ入りますが、予約サイトからのご予約の場合は予約完了メールの返信を持ちまして、
予約確定とさせていただきます。

お急ぎでのご来店は必ず電話にてご確認をお願い致します。

引き続き、ご不便をおかけしますが皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。