靴を磨くことの重要性 パルテンツァ大阪店

こんにちは。
パルテンツァ大阪店の岩元でございます。

 
 

梅雨ですね、、、
今日は台風が接近するとかしないとかで大雨の大坂の本町でございます。
雨の日はお好きですか?
私は休日などの雨の日に、音楽をかけずに雨音を聞きながらスーツを縫ったりする時間が割と好きだったりします。
格好つけた感じに聞こえるかもしれませんが妙に落ち着きます。

 
 

さて、本日は靴を磨くことの重要性について少し書かせていただこうかと思います。

 
 

当ブログでも何度か書いた靴磨きについて。
どれだけ高級なスーツを着ていても、どれだけ高級な時計を着用していても、靴が磨かれておらず全体の調和が取れていないととても残念に思われます。
極端に言うとスーツはそこそこの金額のものでも、少し奮発して良い靴を買い、しっかりと手入れしているとキマって見えます。
良い靴を手入れをするということは長持ちもします。総じて良い靴というのはリペアしながら履けば一生ものというのもあり得るかと思います。

 

すこし話がそれましたが、良い靴を選び、しっかりと手入れする。
スーツ屋の私が言うのもなんですが、これは高級なスーツを買うことよりも重要ではないかと思います。

 
 

先日まで開催しておりましたインポートファブリックフェアにご協力頂きました、靴磨き専門店のバーニッシュ様にて磨かれた1足をご紹介させて頂きます。

 
 

 
 

 
 

 
 

爪先の鏡面仕上げまでは施していませんが、きちんと磨くとこのようにとても美しい仕上がりになります。

 

磨いている作業風景も少し撮影させて頂きました。

 
 

 
 

私は自分でも靴磨きをしますが、時には人に磨いて頂くと違った雰囲気に仕上がって中々いいなと感じました。

 
 

いかがでしたでしょうか。
スーツを着る上でのマナーとでも言いましょうか、ジャケットのフロントボタンは立ったら止める、トラウザーズの折り目はつける、靴は磨く。
これくらいのルールを守るだけでもスーツスタイルが大きく変わって見えてくるはずです。
クールビズに負けずにスーツを着てタイドアップして夏を楽しみましょう!

 
 

本日もご覧頂きありがとうございました。